読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空パレット

創作っ子大好きなので苦手な方はご注意を!パロとか設定まとめとか語りばかり。

【身内企画】United front(カクテル企画)


【概要】
舞台は現代風アメリカ。治安は少し悪め()
割と名の通ったマフィアと、国にある警察本部は協力することが無い2つの組織だった。
最近、外国の犯罪組織が麻薬の密輸等でアメリカ国内に出回ってきていることが分かった。その組織は数が多く強力で、勢力を抑えるには警察側も、マフィア側も、自分達だけでは力が足りないと感じていた。
そこで、警察とマフィアは共に外国の犯罪組織を嫌厭しているという利害の一致から一時的に協力関係をとった。
そうして、協力体制を取る内に、警察とマフィアたちが、なんらかのはずみで擬人化し意思を持ったカクテルと契約を結ぶことになる。カクテル達は人間よりも優れた身体能力や、特殊能力を持っていた。

これにより、カクテル達の力が、外国の犯罪組織を抑える為の有益な力になる、と考えた警察とマフィアはお互いとカクテルと共に外国の犯罪組織を止めにかかるようになる。



【登場人物】
国内に昔から居る犯罪組織“マフィア”(の1ファミリー)、国の行政機関“警察”、意志があり人間態を持つ“カクテル”から主に構成されます。
これら全てのポジションを1人ずつ絶対に作る必要はありません。どれを作る作らないは自由です。偏っても、全部作成して頂いてもOKです。人数の限度もありません。

職業の詳細は別記事にて書かせて頂きます。

【United front】職業とカクテル詳細



―マフィアと警察の関係―
個人の思惑はどうあれ、組織としては協力関係にある。



カテゴリーの詳細↓

🔶マフィア🔶
国の裏社会に存在する犯罪組織の1ファミリーを企画内では指します。
構成員に表向きの職業にも勤める者もいます。
実力のある者はそれ相応の称号を与えられています(No.2等)
殺人や恐喝、徴収など様々なことを行っているが、使うことを禁止している薬の使用や売買、密輸はしていません。
「血の掟」により、構成員のボスへの服従、マフィアの行う事について黙っておくことを命じられています。
カクテルと契約が出来ますが、全員が全員カクテルの相棒を持っているわけでは無いです。
マフィアの服装は基本的に自由。
マフィアの年齢制限は二次元なのでかなり若くてもOKです。ですが最低でも10歳以上でよろしくお願いします。



🔷警察🔷
社会の治安を維持する行政機関。主に警察本部のことを指しています。
本部の下にあるマフィアとの絡み専用の特別課である、対策係があります。
対策係は、他の課と見分けるためのバッヂをつけています。(制服の画像参照)
カクテルと契約が出来ますが、全員が全員カクテルの相棒を持っているわけでは無いです。
一応マフィアとは協力体制ですが、協力に肯定的な者もいれば否定的な者もいます。
服装は警察の制服があります。↓
f:id:sekineraru16:20151129094325j:plain
警察の年齢制限は上限はありませんが、最低年齢は18歳でお願い致します。



🔻研究室🔻
マフィア、警察それぞれの内部に設けられた設備。
突然擬人化し意思を持ったカクテルに興味を持ち、研究し始め、もっと多くのカクテルを戦力に取り入れる為に人工的に擬人化させることが出来る薬品を作った。
全てのカクテルの管理を担う役回りであり、契約はしない。
マフィア側と警察側で管理するカクテルは分かれるが、カクテル自身はどちらかの情報を漏らしたりしなければ、マフィアと警察のどちらを行き来するのも自由。
研究員は白衣を着ている。

※上記の全ての役職は、アメリカに住居しているなら日本人、フランス人などの他国の人がいても構いません。ですが基本的にはアメリカ人中心だと有り難いです…!



🔺カクテル🔺
マフィアや警察によって意識を持ち擬人化した。無性別。
マフィアや警察の強い意思により擬人化したカクテルと、研究室で人工的に擬人化されたカクテルがいます。
✱研究室で人工的に擬人化されたカクテルの方が数は多い。
(✱人工的に擬人化されたカクテルは、研究員の作った特別な薬によって擬人化しています。定期的にその薬を摂取しておかないと、ただの液体であるカクテル状態に戻ることがあります。)
どちらの種類のカクテルも人間と契約することが出来ます。
契約の仕方は、相棒となる人間の血液を摂取すること。(契約する際のみでOK)
そのためにつけた傷の部分に下画像のような契約印が付きます。↓
f:id:sekineraru16:20160421194404j:image
人間の意思によって擬人化したカクテルは、そのカクテル自身を飲んでいた人間と契約をします。
人型になれるカクテルがいるということはマフィア、警察ともども一般人には隠しています。警察内では他の普通の警察の混乱を避けるために、カクテルの所持者と研究員以外にも秘密にしています。
但し、カクテルであることを伏せて人間のフリをすれば外にも出歩く事は出来ます。
人間よりも戦闘力に秀でており、液状化が可能。
超能力が使えたり、身体能力が高かったり、どちらの能力も持つ者、どちらも持たない者もいます。
超能力が使えるカクテルは、攻撃系、防御系、非戦闘系なんでも問いません。そのカクテルに由来したものの能力を持ちます。(例:炎に関連するカクテルなら炎を出したり)
※ただし、見ただけで人を呪う、殺せるといったチートすぎるものは不可となります。
尚、超能力はカクテル1人につき最大3つまで複数持っていてもOKです。
《擬人化の条件:複数の人数が集まってカクテルを飲んでおり、契約対象の人間が強い意思や目的を持っていること。
相棒の人間が死ぬと契約は破棄、擬人化は解除、カクテルに戻る。》
★契約することで変化すること
カクテル❇自分の持つ能力や力が増強
❇離れていてもすぐに契約相手の元へ移動が出来る
人間✳契約したカクテルの能力をコントロールできる

カクテルは年齢不詳のため年齢制限はありません。合法ショタでも精神年齢13歳のおばあさんでも構いません。
カクテルの相棒を決める際は、自分で作ってもOKですが、よその子相手の場合その親の方の許可を頂いてからで宜しくお願いします…!



※※※

*一般人*
街で普通に暮らしている一般人。マフィアについてあまり詳しくありません。作成はOKですが交流しやすいかどうかは微妙なところです…



*外国から来た犯罪組織*
企画内で作成するマフィアのファミリーが拠点としている場所に出回る組織。勢力が大きい。
マフィア間で使わないと決めていた薬を密輸、及びテロの武器にしようと目論む。マフィア、警察共々の敵。この組織は、交流として絡みにくそうなので作成できるキャラには入れていません。



【United front】役職

❇役職の名称…詳細/作成を希望される親の方の名前
のように表記しております。
✱の付いている文は幹部及び構成員の担う仕事をまとめた内容です


―マフィア―
❇ボス…マフィアのファミリーの首領。組織のNo.1。ファミリーはボスへの服従をなされる。/ぽむ

❇アンダーボス…組織のNo.2。暴力団の若頭に相当する。次期ボス。ボスと共にファミリーのトップとされる。ボスの仕事もたまに任される。/はちリンゴ

❇顧問(コンシリエーレ)…ファミリーの相談役。また、ボスの右腕兼ご意見番。幹部と問題を抱えた構成員の相談にのる。組織の中では重要なポスト。/せう

❇幹部(カポ・レジーム)…複数人存在し、それぞれ別にファミリーの構成員たちが属する二次組織を率いている。

❇No.3…《暗殺担当》の構成員の上司。/雪菜
✱暗殺担当…主に参謀からの命によって標的のマフィアの人間を暗殺することを仕事としている。

❇No.4…《戦闘員担当》の構成員の上司。/瑛歩
✱戦闘員担当…敵マフィアや標的と戦闘を行うことを仕事としている。行動量が一番多い。

❇No.5…《参謀・頭脳担当》の構成員の上司。/はちリンゴ
✱参謀・頭脳担当…他の担当構成員の仕事や行動について作戦を練り、それを指令する。

❇No.6…《情報管理・諜報担当》の構成員の上司。/たま
✱情報管理・諜報担当…敵マフィアや標的の情報を収集、管理している。又スパイなども行う。
f:id:sekineraru16:20160419223915j:plain

(*構成員…自分が属する二次組織を率いる幹部が直属の上司である。)

❇研究室長…研究室でのリーダー的存在。マフィアの内部で研究員と主にカクテルを人工的に擬人化させる薬品を作っている。研究員や研究室のあらゆるものを管理、まとめる。/たま


―警察―
❇対策係係長…マフィアとの絡みを主とした係、対策係の管理者であり、責任者。マフィアと話し合ったりもする。/もめん

❇研究室長…研究室でのリーダー的存在。警察の内部で隠れて、研究員と主にカクテルを人工的に擬人化させる薬品を作っている。研究員や研究室のあらゆるものを管理、まとめる。/ぽむ



(他にも、しっかりと募集はしておりませんが警部や警視、警察庁長官等も作って下さる方うがいれば是非とも御自由に!ですが、その際は他の方と役職が被らないようにお願い致します。