読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空パレット

創作っ子大好きなので苦手な方はご注意を!パロとか設定まとめとか語りばかり。

あの子について20の質問*月読

[--] ようこそおいでくださいました。今日はよろしくお願いします。
「はい、…よろしくお願い致します」
[01] まず始めに、あなたのお名前を教えてください。
月読命、と申します」
[02] 本日はどなたについてお話しされますか?
「ウムル様、…です」
[03] その方とあなたはどんな関係なのでしょうか?
「…知る辺、です…」
[04] その方に初めて会った時の印象を教えてください。
「とても綺麗な方だと思いましたが…その、近寄り難い感じも、ありました」
[05] 実際にその方と接してみて、第一印象と大きく違ったところはありましたか?
「え、ええと。やはり沢山不思議に思うところはありましたが…話してみて、楽しかった…です」
[06] その方に似合う色・ペット・家具をイメージでお答え下さい。
「色は藤色で、ペットは…梟。家具は落ち着く色の、本棚…とか」
[07] その方自身に味がついているとしたら、どんな味だと思いますか?
「えっ…あ、さっぱりした御味…?」
[08] (↑続き)その方を実際に頂いてみましょう。どの部分から食べますか?
「た、食べれません…」
[09] (↑続き)全部食べ終わって、ひと言。
「…食べた方が良かったですか…?」
[10] その方はあなたに対してどのようなイメージを持っていると思いますか?
「え、その…月の神ということとか…?()」
[11] その方に1日だけなれるとしたら、何をして過ごしますか?
「え…(やはりあのメモ…ちょっと見てみたい…)()」
[12] その方の記念日にプレゼントを贈るとしたら、何を差し上げますか?
「花…でしょうか?」
[13] 現時点で、あなたはその方をどのくらい理解していると思いますか?
「んと…割と、知っているとは思います」
[14] 反対にその方はあなたをどのくらい理解していると思いますか?
「理解…。メモに書いてくださっている、自分のことについての分は…理解してくださってる筈…」
[15] 実のところ、あなたとその方の相性はいいですか?
「良いとも、悪いとも言えないような…」
[16] その方と出会って、あなた自身に何か変化はありましたか?
「あり、ました。少しだけ、生きるのが楽しく、なったやも…知れません」
[17] その方の尊敬できるところを教えてください。
「色々なことに、興味を示すことが出来ること…です、かね…」
[18] その方に何か感謝していることはありますか?
「!ええ。その…でも、申し訳ありませんがそれを言うのは少々…すみません」
[19] その方へひと言、メッセージをお願いします。
「良ければ、これからも、どうか何卒よろしくお願い致します…」
[20] では最後に、あなたの言葉でこれをみている人にその方を紹介してください。
「あの方は偉大な御方…です。様々な次元の門番をしているらしいですよ、…神秘的、です」
[--] お疲れ様でした。
「はい…お疲れ様です。お付き合いして下さり、ありがとうございました」
質問配布元:あなぐら様